家ができるまでの流れ

家ができるまでの流れ家ができるまで

住暮楽で家が出来るまでの流れを11のステップで表しました。

初めての方は、ぜひお読み下さい。

  • 家ができるまでの流れイメージ
    1住暮楽をよく知ってもらいます。
    • 完成見学会、構造見学会へ参加
    • 住まい教室へ参加
    • OB交流会に参加、OB宅訪問
  • 家ができるまでの流れイメージ
    2資金計画
    • 住宅建設、取得に掛かるすべての経費を計上し、住宅ローン返 済シミュレーションを行います。
  • 家ができるまでの流れイメージ
    3設計申し込み
    • 申込金1万円をお支払いいただきます。(請負契約時の印紙代に充当)
    • 具体的な要望、間取りなどをヒアリングします。
    • 登記簿謄本、電気、ガス、上下水道、行政事前協議、地盤調査等を実施します。
  • 家ができるまでの流れイメージ
    4設計とプレゼンテーション
    • 平面プランを作成してプレゼンテーションを行います。
    • 納得のいくまで平面、立面プランを煮詰めます。
  • 家ができるまでの流れイメージ
    5見積もり提出
    • 詳細な積算見積書を提示します。
    • 見積もりをご検討いただいて金額を調整します。
  • 家ができるまでの流れイメージ
    6ご契約
    • 契約書に調印します。
    • 契約金100万円をお支払いいただきます。(請負金額の一部に充当します。)
  • 家ができるまでの流れイメージ
    7建築確認の取得と詳細設計
    • 建築確認の取得に向けて作業します。
    • 着工までに2週間に1度のペースで詳細設計の打ち合わせを4回行います。この時に家具、設備、仕上げ等の詳細の詰めを行います。
    • 詳細設計4回目で施主様、設計者、現場監督、の3者で設計内容の確認を行います。
    • この後、工事費用の追加増減表を随時だします。
  • 家ができるまでの流れイメージ
    8着工
    • 着工前、ご希望により地鎮祭を行います。
    • 完成時期を決定します。
    • 建築確認が取れ次第、基礎工事に取りかかります。
  • 家ができるまでの流れイメージ
    9上棟
    • 基礎工事終了後、上棟します。
    • 上棟後、希望により上棟式(手形式)を行います。
    • 上棟後、請負代金の初回分(1/3)をお支払いいただきます。
  • 家ができるまでの流れイメージ
    10中間
    • 上棟後2ヶ月経過時に請負代金の第2回分(1/3)をお支払いいただきます。
  • 家ができるまでの流れイメージ
    11竣工
    • お客様の立会いの下で、竣工検査を実施します。
    • 完了検査合格後、残金完済と引換に建物の鍵をお渡しします。
  • アフターメンテナンスイメージ
    12アフターメンテナンス
    • 完成引き渡し後、1年、3年、5年、10年と定期点検を実施します。
    • 定期点検以外にも必要に応じて不具合に対応しています。

保証について

新築の場合は「10年瑕疵保証、地盤保証、完成保証」の3点セットでの保証となります。

10年瑕疵保証(ハウスGメン)
「構造耐力上主要な部分と、雨水の浸入を防止する部分」の瑕疵については引き渡しから10年間保証します。
地盤保証(地盤データサービス)
地盤の調査、改良工事にもかかわらず不動沈下が起きてしまった場合、原状回復のための補修を保証します。
完成保証(OM総合保証)
万が一工事中に住暮楽が倒産または廃業した場合、OMソーラー加盟の他の工務店が引継いで工事を完成させます。OM工務店は建築哲学が似ているので移行がスムーズです。