住まい教室

住まい教室家ができるまで

「日本の家の問題点、パッシブな解決策、家を長持ちさせる急所」について分かりやすく説明します。

  • 住まい教室イメージ
  • 住まい教室イメージ
  • 住まい教室イメージ

統計によると日本の住宅寿命は30年。しかし30年でバタッと倒れる家は無いので、建替えたくなった時が寿命です。従って、寿命は必ずしも丈夫さに比例しません。

寿命を伸ばすには丈夫にすると同時に愛される家にしなければなりません。社長みずから約60枚のスライドを使って、「日本の家の問題点、パッシブな解決策、家を長持ちさせる急所」について分かりやすく説明します。

日本の家の問題点

暖房の効いた部屋でコンセントに線香の煙を近づけると、煙がさーと横に流されるのが分かります。コンセント穴や周囲の隙間から風が吹き込んでいるのです。

日本の家のほとんどは壁の中に冷たい空気が充満していることをご存じですか?この空気は床下や天井裏を流通し外気にもつながっています。暖房を入れると部屋の空気は暖められて、すぐに密度が下がり始めます。すると間髪を入れずに壁の中を流れていた冷たく重い外気が圧力差によってコンセント穴等から押し入って来るのです。

パッシブな解決策

太陽、風、木、大地の熱、、、身の回りのありふれた自然を生かすのがパッシブですが、そのためには自然現象の基となっている物理原則を理解しなければなりません。

家を長持ちさせる急所

木造住宅の長期耐久化を図ろうとするとき意外な盲点となるのがコンクリート基礎です。一番下にあるので取り替え出来ませんし、後から補強するのは非常に難しい。従ってコンクリート基礎は失敗が許されない部分ですが、その割に施工者の関心が薄いのが実態です。

良質な生コンでも漫然と施工すると、そのコンクリートは推定寿命30〜40年。ところ同じ生コンでも施工のやり方一つで数百年まで寿命を伸ばすことができるのがコンクリートの特質です。