木の家工務店 住暮楽

エコなくらし 住暮楽な家づくり
ストーリー

家づくりストーリー情報

住暮楽で家を建てられたお客様自身の文章を掲載しています。家づくりのヒントになれば幸いです。

リビングに家族が集う家

このお家の完成見学会を開催します。

詳しくは こちら をご覧になってください。

最初はおばが亡くなって空き家となってしまった家をリフォームして住もうと考えていました。
しかし、おばの家は築四〇年を超えており、外観、内装は古臭く、リフォームをし続けるくらいなら、いっそ建て替えてしまおうという考えになりました。
そこから、オープンハウスをいくつか見て回って自分達の理想とする家のイメージを膨らませていきました。

その際にいくつかのハウスメーカーや、工務店と家づくりの話をしましたが、どこもピンとくる間取り図面を提供頂けることはなく、面白みがなく、よくありそうな普通の間取りで、どこの工務店にお願いすれば良いのか、迷っていました。

 

私たちは家を建てるなら広いリビングがあり、木を使い、吹き抜け、ウッドデッキありで、二階には子ども部屋や、物置がある程度で生活は一階で完結し、子どもたちが遊び回れる庭がある、そんな遊び心溢れる家にしたいと考えていました。そんな中で、住暮楽さんと出会いました。

まず最初に、会長主催の住まい教室に参加させて頂きました。そこで日本住宅の問題点から住暮楽のコンセプト、パッシブ建物、断熱、OMソーラーの仕組みなどを知ることが出来ました。一番印象に残っている言葉が「コンパクトに広々暮らす」です。まさに目からウコロでした!将来的に子供が独立したり、生活スタイルの変化で使ってない部屋がでるのはもったいないと考えていた私たちにはとても共感出来ました。その後、実際に住暮楽さんの建てた家をオープンハウスで見学に行きました。

木がふんだんに使われており、コンパクトながら開放感のある家は、先述のコンセプトの通りだと感心しました。色々なオープンハウスを見学してきましたが、木をふんだんに使っているおかげか、無機質な圧迫感はなく、とても居心地がいいと感じたのを、よく覚えています。

 

その後、住暮楽さんに家づくりをお願いしたいと思い、打ち合わせの正式なアポイントを取りました。一回目の要望聞き取り後の二回目の打ち合わせで、最初の間取り図面を見せて頂きましたが、これだ!と思いました。この時に住暮楽さんにお願いするのが一番だと決心出来ました。    間取り図面は修正箇所がほとんどなく、私たちの要望を漏れなく盛り込み、かつ生活動線も考えられた素晴らしいものだと思いました。そのため、それから何度か詳細仕様を詰めるための打ち合わせをしましたが

間取り図については最初提案頂いたものから大きな変更はありません。

そのため、今思い返すとすごくすんなりと契約したなあと思っています(笑)それほどに実際に住暮楽さんが手がけた家、頂いた間取り図面、そして何より社長の人がらの良さが引き立っていたのだと思います。

また、打ち合せの際、いつも子供たちの面倒を見て頂いきましたが、長男は最初から樋口さんに懐き、打ち合わせに行くたびに、樋口さんのところで遊べる!と喜んでいました。子供達の面倒を見て頂いたおかげで、打ち合わせに集中することができ大変助かりました。打ち合わせ中に長男がトイレに間に合わず、お漏らしした時も、嫌な顔一つせずに丁寧に対処頂きました。本当にありがとうございました。

 

この記事を書いている時点ではまだ、家は完成していませんが、打ち合わせした通りの家がどんどん形作られ、週末に子どものたちを連れて家の中を見に行くと、よほど家の中が楽しいのか、家中を走り回って遊び、中々帰ろうとしません。特にリビングに設置している階段周りがお気に入りのようで一階、二階の昇り降りを繰り返したり、階段途中でおどけて見せたりして遊びます。帰った後も子どもはまた新しい家にいこーよと言って来ますので、子どもたちにもわかるような、そんな遊び心あふれる素敵な家になるんだろなと期待しています。

 

最後になりますが、私たちの家づくりをサポートしていただきました住暮楽のスタッフの皆様には、心から感謝をしております。特に現場監督の山崎さんにはこちらの支給部品の発注ミスをカバー頂いて、本当に助けて頂きました。有難うございました。今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

 

(すみくらつうしん2021年5月号より転載)

お問い合わせ下さい

フォームからのお問合せ
フォームからのお問合せ
お問い合わせ
お電話からのお問合せ
お電話からのお問合せ
075-495-8825
FAXでのお問合せ
FAXでのお問合せ
075-495-8666