木の家工務店 住暮楽

エコなくらし 住暮楽な家づくり
ストーリー

リノベーション物語情報

住暮楽で家を建てられたお客様自身の文章を掲載しています。家づくりのヒントになれば幸いです。

子どもを元気に育てられる家

出会い

2016年、私達家族は双子の五歳の女の子、夫、妊娠中の私という家族構成。双子の子供たちが就学するタイミングで『家を買いたい』と思っていました。しかし、京都市内で自分達の予算で買える家は三階建ての建売りの一戸建て・・・  色々と見に行きましたが、『こんな家には住みたくない』という思いが強くなるばかりでした。  もう諦めたほうがよいのかなと思っていたところ、Facebookで住暮楽さんの広告が目にとまりました。素敵なお家だなあと思い、とりあえず見学会に行ってみました。  入った瞬間、木の香りが心地よく、光がいっぱい差し込む本当に素敵な理想通りのお家でした。そこで、洋介さんとお話をさせて頂き、自分の家に対する思いと『こんな家に住みたい!』という気持ちが溢れ、興奮気味に話しをしたところ、洋介さんは『そんな人たちがうちに来てくださってますよー』と笑いながら話しを聞いてくださり、とっても嬉しかったことを思い出します。

 

物件探し

後日事務所で洋介さんとお話し、予算に見合った土地があれば新築、中古物件をリノベーション中心に探していくことになりました。  洋介さんとお話しさせていただき、自分達があんな素敵なお家を買うことができるんだと、心が踊りました。  まずは今、土地勘がある右京区での物件探し。  自分達の予算では更地は買えるわけもなく、中古物件を見に行きました。 『こんなお家だったら、リノベーションに向いてますよーと思ってたんですが、昨日売れてしまったんですよねー』と言われたお家を1番に見に行きました。 外観だけ見ましたが、洋介さんがこの物件、値段もお手頃やし家自体も大丈夫やし、立地条件もいいし、いいんやけどなーと言われ、他のお家を見に行きました。 しかし、私達の予算で買える範囲のものは、立地条件も悪く、リノベーションできないものばかりでした。 その後も右京区以外と範囲を広げて物件探しは続きましたが、ほんとうになかなかよい物件は見つからず、途方に暮れていました。そんな時に足を運んだ不動産屋が、 洋介さんと1番に見に行った、売れてしまったと言われていた物件に昨日キャンセルがでたと見せて下さったのです。なんだかすごく運命的なものを感じました。 そのことをすぐに住暮楽さんに連絡。八郎さん、峠さん、洋介さんに見てもらい、リノベーション可能と判断していただき、その物件を買うことに決めました。

 

設計~完成

物件のリノベーションは出産までにプランニングしたかったため、それからは妊娠中でいつ入院、出産になるかわからない私の体調に気を使って頂き、 打合せはハイペースで進められました。その中でも、わからないことはなんでも細かく丁寧に教えてくださり、また些細なことで悩む私でしたが、 色々調べてアドバイスして下さり、ひとつひとつ納得いくものになっていきました。 打合せ中や、また工事が始まってからも、何軒も住暮楽の完成見学会を見に行きました。住む人の笑顔が浮かんでくるようなすてきなお家ばかりでした。 しかしなにより驚いたのは、建売りを見に行っていたころは、双子たちが家を見に行くのを嫌がっていましたが、 住暮楽さんの家を見に行くときは『やったーっ!』と言ってくれ、毎回楽しんでくれました。 その子供達の姿を見る度に、住暮楽さんにお願いして本当によかったと思えました。

 

現場では現場監督の山崎さん。はじめに紹介された時は、二四歳で若いし大丈夫かな?と少し思いましたが、その心配は無用でした。 本当に真面目で誠実な対応に、私達夫婦は驚き喜んでいます。 なんでも細部に渡り、色々提案や報告してくださる中で、私達家族のためを思って話をしてくださる姿勢、家に対する愛情の深さが暖かく染み渡ります。

 

最後に

いよいよ家が完成に向かっています。現場を見に行き、家のひとつひとつが色々考え悩み決めてきたものなので、形になってきているのを見る度に、 わくわくする気持ちが止まりません。  京都市内に私達の予算で、二階建ての理想通りの家を作って下さった住暮楽のスタッフ皆さんには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 これからも長いお付き合いになりますが、末永くよろしくお願い致します

 

参考
リフォーム前後の間取り図

 

お問い合わせ下さい

フォームからのお問合せ
フォームからのお問合せ
お問い合わせ
お電話からのお問合せ
お電話からのお問合せ
075-495-8825
FAXでのお問合せ
FAXでのお問合せ
075-495-8666