木の家工務店 住暮楽

エコなくらし 住暮楽な家づくり
ストーリー

家づくりストーリー情報

住暮楽で家を建てられたお客様自身の文章を掲載しています。家づくりのヒントになれば幸いです。

豊かな感性をはぐくむ家

2019年5月25日(土)・26日(日)
完成見学会を開催します。

見学を希望される方はご予約ください。詳しくはこちら

「日本の壁は指で穴を空けられるほど,薄いんでしょ?」

ドイツ人の友人から言われた衝撃の一言。友人の話を聞くと,日本のマンガでそんなシーンがあったそうです。(よくよく聞けば壁ではなく障子…?)それが障子だったにしろ,日本の家は海外の人からそんな風に思われているのか…とガッカリ。また私自身も,日本の家の外観はどれも同じような家だと常々感じていました。自分が将来家を建てるときは,長年愛着の持てる「自分たちらしさ」のある家がいいなと憧れを抱いていました。

 

持ち家への憧れは,娘が1歳を過ぎた頃に高まってきました。アパートの家賃を払い続けるのも勿体ないし,いずれ家を持ちたいという気持ちが膨らんでいました。夫も私も京都の出身ではありませんが,お互い勤務地は京都市内…。通勤時間のことも思うと現在住んでいるエリアが便利なものの,高くてとても手が出るものではありませんでした。それでも何かないかと,住宅情報のサイトやチラシをチェックする日々が続きました。

 

住暮楽さんを初めて知ったのは,インターネットでの検索でした。断熱性が高く,木の良さを感じられる家,そして地元の工務店さんを探していく上で,素敵なホームページを拝見し,「主人にすぐこのサイトをみてほしい!」と伝えました。次の見学会の予約を早速入れ,これまでの施工事例をみながらその日を心待ちにしていました。

初めて訪れた住暮楽さんのお宅は,木のぬくもりで溢れ,開放的な大きな窓からは光が差し「すてき」の一言。2階にはブランコがあり,娘はニコニコで遊ばせていただきました。素敵だからこそ,きっと高いよな…でも結局高いローンを払っていくなら,納得いく家を建てたいなあと思いながら見学会を後にしました。

その日訪問出来なかった主人とともに,後日住まい教室に参加させていただきました。主人も実直な住暮楽さんの家づくりに魅力を感じたと言っていました。また,娘のためにベビーシッターさんが待機して下さり,手厚いサポートにも感激しました。この日も雪がちらつく寒い日でしたが,住暮楽さんのオフィスは温かくて,夫婦ともども住暮楽さんの家づくりに憧れを抱いたのでした。

 

そんなある日,現在住んでいるエリアで,小さめの土地が売り出されているのを見つけました。坪単価は高いけれど,土地面積が小さい分,頑張れば手が届きそうな価格でした。そこで「気になる土地があれば言って下さい」と仰って下さっていた洋介さんの言葉を思い出し,急いでメールしました。すぐにその土地を見に行って下さり,金額のことや周辺環境についてもアドバイスも頂けて大変心強かったです。また,私たちが『どのように暮らしていきたいか』を基に早速設計をして下さり,この土地だとこういう暮らしが出来るのかとワクワクしながら設計案を拝見しました。結局,土地価格が高くこの土地は取りやめることにしましたが,その旨を洋介さんに伝えたときも,「また仰って下さいね」と快くお返事下さったことが大変有り難かったです。

 

それからしばらくして,価格と広さの両方が条件に合った土地を見つけました。すぐに洋介さんに相談し,土地を見て頂いたところ「前回の土地よりも好きです」というお返事が。これには喜びを隠せませんでした(笑)不動産屋さんとの交渉は難しい場面もありましたが,不安になる度に洋介さんに相談させて頂き,無事に進める事ができました。

 

新しい候補地の条件を基に,再び作成していただいた設計図には,吹き抜けや家の中心に配置されたSHIP,そして大きなWICや広めの子ども部屋など,私たちの希望を詰め込んでいただき大変感動しました。話し合いのなかで少しの配置の変更はありましたが,契約までに長い時間はかかりませんでした。

 

住暮楽さんの家づくりのなかでも,魅力的だったのがSHIPの存在でした。趣味や仕事で机に向かう時間が多い私にとって,書斎が家の中心にあって,家族と集える場になるというのは大変理想的でした。

また,ベランダで干した洗濯物をすぐにWICに収納できる家事動線の良さや,洗面所を独立させ,脱衣所にお客様を通さなくて良いようにしました。その他こだわったポイントは色々ありますが,それはぜひ見学会でご覧頂ければ幸いです。

あと,この家づくりで頑張ったこと…それは何といっても,外壁DIYです。(笑)過去に外壁をDIYされた方がいると聞き,自分もやってみたいと思いました。ただ,結果から申し上げると,外壁は業者の方にお任せしたほうが良いです。(笑)塗装時期も冬だったため雪や曇りの日が多く,作業はなかなか思う通りに進みませんでした。結局,塗装の期日に全ては間に合わなかったので,残りは業者の方にお任せすることになりました。もちろん,自分たちが塗ったことで,わが家への愛着がより一層湧いたことは事実です。外壁を見るたびに,あの日々を思い出すのだろうなと思います。(笑)

 

これから憧れの住暮楽さんの家に家族三人で暮らしていけるのかと思うと幸せでいっぱいです。子連れでの打ち合わせでも,集中してお話しできたのは,娘を見て下さったベビーシッターのお二方,そして住暮楽のスタッフの皆さまのおかげです。娘は,シッターの方に遊んでもらえるのがいつも楽しみだったようで,わくわくしながら打ち合わせに向かっていました。

今後も薪ストーブの設置など,引き続きお世話になるかと思いますが,末永くよろしくお願いいたします。「自分たちらしさ」が詰まった家で暮らせる喜びを感じながら,家族三人仲良く暮らしていきたいと思います。

(すみくらつうしん2019年5月号より転載)

写真は後日掲載します。

お問い合わせ下さい

フォームからのお問合せ
フォームからのお問合せ
お問い合わせ
お電話からのお問合せ
お電話からのお問合せ
075-495-8825
FAXでのお問合せ
FAXでのお問合せ
075-495-8666