木の家工務店 住暮楽

エコなくらし 住暮楽な家づくり
ストーリー

家づくりストーリー情報

住暮楽で家を建てられたお客様自身の文章を掲載しています。家づくりのヒントになれば幸いです。

陽当たり良好なリビングのある家

「くらさん、こんにちは~」つい先日、外構の打ち合わせに行った時、そう言って娘は事務所への階段を上っていきました。

もうすぐで三歳になる娘にはまだ少し大きな階段を1人で上っていきます。初めて事務所に行った時は、まだ一歳になったばかりだったと思います。当時は喋ることも、歩くこともままならなかった娘の成長を感じつつ、もう家づくりが終盤にさしかかっていることを感じました。

~楽しい打ち合わせ~
初めて住暮楽さんのお家に行ったのは、二年前に行った以前同じ場所で勤務していた上司の方のお家でした。玄関に入った時に、木の良い香り、梁がむき出しの天井、壁や廊下の少ない間取り、全てが斬新に感じて心惹かれました。
大雑把な私はそれまで家のことを真剣に考えたことはなく、「マンションにしようかな」とか、「建売の住宅でもいいかな」とか、そもそも持ち家なんてまだまだ早いとさえ思っていました。今住んでいるのは世間でいう社宅。場所は北山通りに面していて側には鴨川が。とてもいい立地で気に入っていたのですが(家賃も安いし…)冬は暖房を付けっ放し、結露だらけで近付くだけで冷気を感じる窓、そして夏は暑すぎる…そんな社宅に、しっかり者の妻は少し嫌気がさしていたようです。この頃から、私達の家に対する考え方が変わっていったように思えます。ですが、性格の違う私達夫婦、最初はお互いのこだわりがあり、なかなかうまく進みません。色々な会社に話を聞きに行きたい妻、住暮楽さん真っ直ぐな私。さて、困りました…「洋介さん助けて~」と泣きつくような思いでお願いして、妻に魅力を伝えていただいたこと、毎月見学会にお邪魔したこともあり妻も住暮楽さんに惹かれていった?と、思っています。(洋介さんありがとうございます!)

土地は以前ほんの少しだけ住んでいた長岡京市に決定!施工会社の住暮楽さんも、土地も、実は私の希望。さて、これからは間取りを考えよう。となると、間取りは全て妻の希望を。ということで、間取りはほとんど妻に自由にしてもらいました。妻のこだわりはたくさんありました。トイレは二つ、二階には広い子供部屋とウォークインクローゼットなどなど…本当にうまくいくのか!?と、思っていましたがさすがプロ…妻のこだわりをほとんど満たしていただけました!キッチンも希望の食洗機付きで、きっと妻も納得!?のはずです。笑

一旦はプランが完成となったのですが、少しだけ私のこだわりも入れていただきました!土間収納がどうしても欲しかったのです。ダメ元で頼んでみたのですが、なんと見事にプランに組み込んでもらいました!こうして数多くの打ち合わせを終えて、プランが完成した訳ですが…気が付けば当初提案していただいたプランとは全くの別物になってしまいました。なんだか申し訳なく思っていましたが、洋介さんに「あのプランがあったから、今のプランがあるんです!」と言っていただいた言葉。なんだかホッとした気がしました。
プランが完成しそうな辺りから私の勤務形態が変わり、建築現場にはほとんど行けず、月一回の日曜日にしか通えなかったのですが、見る度に「ここが変わってる!」とか、「ここの壁が塗られてる!」と、家の変化を楽しんでいます。家づくりは、こんなにも楽しいものかと思いました。

~感謝の気持ち~
思い返すと、住暮楽の皆さんに感謝することがたくさんあります。
ヤンチャでわがまま、遊び盛りの娘といつも遊んでいただいた清香さん、見学会に行く度に丁寧に何でも教えていただいた中島さん、絵がとても上手で絵を描いて分かりやすくして下さった大西さん、忙しいのに快くお家を見せていただいた上野さん、土地がなかなか決まらない中、何度も足を運んでいただいた八郎さんと祐子さん、何度も私達のわがままに応えて下さった洋介さん、いつも現場で丁寧な対応をして下さった森さんに磯部さん、住暮楽のスタッフ皆さんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
家族のような暖かい人柄の良さも、住暮楽さんで建てようと夫婦で決めたひとつです。
もう完成間近、事務所に行くことも無くなるのかなと思うと寂しいですが
新しい生活が、本当に楽しみで仕方ありません。
本当にありがとうございました。
今後とも、どうぞ末永くよろしくお願いします。

(すみくらつうしん2019年4月号より転載)

(写真は後日掲載します)

お問い合わせ下さい

フォームからのお問合せ
フォームからのお問合せ
お問い合わせ
お電話からのお問合せ
お電話からのお問合せ
075-495-8825
FAXでのお問合せ
FAXでのお問合せ
075-495-8666